US English Japanese (日本語) Deutsch Français Italiano Español Chinese-simp (简体中文)

QuadTech® Data Central® カラーメトリックレポーティング

画期的なSpectralCam™ 搭載QuadTech Color Control Systemsは、iGRACoL、 System Brunner GlobalStandard® およびISO 12647-2などの印刷業界標準と比較 した印刷ジョブの仕上がり具合を解析および文書化するお手伝いをするよう に特別に設計されています。

特徴

    Colorimetric Reportingの画面
    カラーメトリックレポーティングの画面
  • Color ΔEおよびL*a*b* Reportでは、想定されるカラー全域内に印刷実行計測 が治まっているかどうかを素早く確認することができます。
  • カラー印刷カーブ制作サマリは簡潔にL*a*b*、ΔE および他の重要印刷特性 をトーン値カーブと合わせて表示します。
  • カラー制作サマリレポートはプロセスカラーおよびスペシャルカラー両 方の L*a*b*およびΔEデータを含むジョブサマリ統計を表形式で 表示しま す。
  • L*a*b*データエクスポートは貴社の既存濃度データエクスポート機能へ追加 され、L*a*b* データを含む各紙面のエクスポートデータファイルを生成し ます。 未修整のL*a*b*データを他のシステムへインポートすることも、貴 社独自のレポート形式を作成するために使用することができます。

利点

  • カラー管理によるワークフロー実施には印刷機の印刷 能力を理解する必要があります。 弊社の測色レポート により、現在印刷機が行っている印刷状態を数値化す ることができます。 各ジョブにおけるデータの収集を 簡単にする方法を提供し、印刷機が最適な操作範囲内 に治まっていることを確認します。
  • このレポートはカラー再生の安定性を計測し、印刷さ れた製品の品質に影響を与える工程でのばらつきを検 出および修正することができます。
  • 素材に関連した傾向を発見するためにジョブセットア ップで入力した変数(紙のグレード、名称、厚みな ど)を使用することができます。 これにより、校正刷 りから印刷mまで、貴社のお客様の期待通りの正確なカ ラーをお届けするために、事前印刷で行う必要な調整 時期を決定することができます。

トップへ