US English Japanese (日本語) Deutsch Français Italiano Español Chinese-simp (简体中文)

ComexiとQuadTechがフレキシブルパッケージング用の閉ループカラーコントロールで提携

Color Control with SpectralCam OCS
重要な印刷属性のリアルタイム表示は、オペレー
タにとって、製品の品質と印刷パフォー
マンスを評価する貴重な情報が得られる強力なツー
ルとなります。

フレキシブルパッケージング印刷業界へのより良いサービスのために、両社が研究・技術革新・トレーニングに投資

スペイン・ジローナ – 2017年12月6日  – Comexi社とQuadTech, Inc.は2016年から提携し、フレキシブルパッケージング業界向けに新しいカラーコントロール管理技術の投資・開発に注力しています。この両社による緊密な協力により、QuadTechのカラーコントロール (SpectralCam™ 付き) と紙・ラベル印刷の応用をフレキシブルパッケージングに適用する研究が進められてきました。

カラーコントロール (SpectralCam付き) システムは、さまざまな種類のフレキシブルフィルムに対する標準アプリケーションを用いることで、多大なメリットをもたらします。世界的に展開する両社が、この技術のメリットとして、顧客企業のブランド認知度を高めるのに役立っています。

Comexi社のオフセット事業部門チームは早くから、閉ループのカラーコントロールシステムがフレキシブルパッケージング印刷業界の印刷会社と紙材加工会社に大きなメリットをもたらすことに注目していました。フレキシブルパッケージング印刷は通常リール・トゥ・リールで行われるため、正確なカラーチェックのために印刷サンプルを採取するのは不可能です。両社はこの点が必須要件の1つと考え、フレキシブルパッケージング印刷にカラーコントロール (SpectralCam付き) の導入を進めました。

Color Control with SpectralCam web stabilizer
特許技術のウェブスタビライザーにより、
オペレーターは、透明フィルム/不透明フ
ィルム/紙での、基材およびベースコー
トの不透明度を測定することができます。

QuadTechのシステムによって、カラー標的を精密に達成する自動化が実現しています。スペクトルによる閉ループカラーコントロールによって、より迅速で簡単なカラー整合が実現し、印刷準備時間を短縮し、生産性が向上します。革新技術のSpectralCamは、フル速度で印刷しながら、31チャンネル分光光度計で、微小カラーバーに対するスペクトル応答を正確に測定し、L*a*b*、ΔE、濃度、Δ濃度を計算します。特許技術のウェブスタビライザーは、カメラと一緒に移動するISO準拠の黒色・白色参照タイル (一定の既知の背景) を使用することにより、コンスタントなスペクトル応答を実現します。加圧エアを短時間吹き付けて、基材をセラミック背景タイルの近くに維持することで、正確なカラー測定が可能になります。

特許技術のアダプティブ制御メソッドは、印刷稼働中の最初から最後まで、印刷機を調節し、四色カラー処理と拡張色域、スポットカラーに対する正確なコントロールを維持します。七色処理 (拡張色域印刷) を行うComexi社のOffset CI8では、濃度測定よりも、カラー測定を行うスペクトルシステムが望まれます。SpectralCamはQuadTech社の第三世代分光光度計です。

フレキシブルパッケージング市場を拡大

QuadTech社長Karl Fritchenのコメント: 「フレキソ印刷とオフセット印刷、グラビア印刷の最も技術革新の進んだ企業との提携を、大変嬉しく思います。Comexi社の高い評判と革新技術に対する取り組みは、QuadTechのビジョンや専門性と完璧に整合しています。両社とも、市場向けの新技術・ソリューションの開発に継続的に投資を続けています。」

SpectralCam
QuadTechのカラーコントロール (SpectralCam付き)
が提供する閉ループカラーコントロールによって、
より迅速で簡単なカラー整合が実現し、
印刷準備時間を短縮し、生産性が向上します。

Comexi CEO、Jeroen van der Meer氏のコメント: 「当社では、研究開発、調査、技術革新に継続的に投資しており、この分野では市場標準となっています。QuadTech社との戦略的提携により、この市場とその可能性を拡大し、お客さまの日々の生産性を高める新しいテクノロジーの開発が実現し、非常に嬉しく思っています。」

Comexi社オフセット技術の研究開発マネージャー、Adelbert Schoonman氏は、閉ループカラー制御システムの最大の課題について次のように説明します: 「どんな印刷プロセスでも、印刷中に偏差が生じます。プロセス中にカラー品質をモニターし、自動的に修正し、調整することができれば、印刷会社にとっては大いに役立ちます。」 今日のフレキシブルパッケージング業界では、カラーや濃度をインラインで単に測定 し、色の偏差を図や数値で表示するだけのさまざまなシステムが出回っています。けれどもこれらのシステムは、自動的にカラー調整を行う「閉ループ」にはなっていません。また、必要な場合、稼働中に表示される情報に応じて、オペレーターが粘度や温度、圧力などの調整を行うことができます。フレキソ印刷やグラビア印刷技術に比べると、オフセット印刷では追加のパラメーターがあり、オペレーターの介入なしにカラー一貫性を自動的に制御 するのに使用することができます。

自動調整

オフセット印刷のインクファウンテンは、幅全体にわたって細いインクキーが配列されています。個々のインクキーの開閉は、オペレーターがリモート制御することができ、これにより、カラー測定システムで表示される局所的または全体的なカラー偏差に対応することができます。「閉ループ」カラーコントロールシステムでは、このオペレーターの修正を、SpectralCamが提供するデータに基づいてインクキーを自動的に調整することによって実現します。Schoonman氏は次のように説明します: 「紙印刷業界では、閉ループ制御システムは、長い歴史をもち性能実証済みの標準装備となっていますし、最近では、ヒートセットやコールドセットのウェブ印刷でも標準装備となっています。けれども、透明フィルムを通した測定など、フレキシブルパッケージング印刷に必要な特性、そして透明度やグロス仕上げ/マット仕上げ、背景色やスポット色といったパッケージングフィルムに要求されるさまざまな特性により、フレキシブルパッケージングの閉ループカラー制御はずっと難しい課題となっています。」

SpectralCam
SpectralCamの高度な分光測色濃度計技術により、
フルスピードの印刷で、印刷されたマイクロカラー
バーをシステムが迅速に検出・
分析することが可能になります。

測定時に安定かつ校正済みの背景を確保する先進のウェブスタビライザーシステムとSpectralCamとを組み合わせることによって、QuadTechとComexi社は、必要なソリューションのための重要な要素を提供します。「QuadTechとComexiの提携のおかげで、両社が力を合わせて、印刷会社や紙材加工会社にメリットをもたらし、Comexiのオフセット印刷技術CI8を使用するフレキシブルパッケージング印刷会社、ひいてはフレキシブルパッケージング業界全体に、付加価値をもたらすことになる、閉ループカラーコントロールシステムを実現したのです」とSchoonman氏は語ります。

Comexi社とQuadTechは引き続き、さまざまなフレキシブルフィルムでの標準アプリケーションにメリットを生み出す新たな開発に取り組んでおり、ブランドオーナーがフレキシブルパッケージングデザインにカラーパッチを組み合わせて使用することで、ブランドの理解と認知度を高め、同時に、フレキシブルパッケージング市場でこの技術が広く受け入れられるよう、協力していきます。

Comexiについて

Comexi (www.comexi.com) 社は、フレキシブルパッケージング紙材加工業界向けの製造機器において豊富な経験を有しています。フレキソ印刷、オフセット印刷、ロトグラビア印刷、ラミネート加工、スリット加工という、多様な紙材加工プロセスを専門とする、5つの製品ラインを提供しています。 同社はRiudellots de la Selva (スペイン・ジローナ)、ブラジル、イタリアに擁する合計36,000平方メートルの3つの製造センター拠点を有しており、また世界100ヶ国を超える広大な販売ネットワークで、顧客のニーズに24時間態勢の技術支援で対応しています。 Comexi社はManel Xifra Boada Technological Centre (Comexi CTec) を擁し、ここで、フレキシブルパッケージング印刷業界のプロセスに関与するさまざまな関係者にサポートと知識を提供しています。

ボールドウィン(旧クォード・テック)について

ボールドウィン・ビジョンシステムズ事業部は、最先端の色管理と品質検査技術を提供するイノベーターです。 ボールドウィンは100ケ国以上のパッケージング、加工関係、新聞・商業オフセット、そして出版グラビア業界のお客様に自動制御システムを販売しています。 世界中に販売とサービスのネットワークを持ち、世界的な製造・エンジニアリングコンサルティング会社Barry-Wehmiller傘下の投資会社BW Forsyth Partnersが保有している非公開会社です。

コンタクト先:

Craig Du Mez, QuadTech
電話: +1 414 566 7500
Eメール: craig.dumez@quadtechworld.com

Clare Porter, Bespoke
電話: +44 (0) 1737 215200
Eメール: quadtech@bespoke.co.uk

トップへ