QuadTech、Print2Finishとの裁判終結 - 不当広告と特許侵害についてのQ.I. Press Controlsに対する裁判は継続

mRCカラー見当合わせ製品の不当広告と、IDSカラーコントロール製品の特許侵害

米国ウィスコンシン州サセックス - 2012年9月11日 — QuadTech, Inc.とPrint2Finish, LLCは本日、両社の間で懸案となっていた Quad/Tech, Inc. v. Q.I. Press Controls, B.V., et. al., (E.D. Pa. 09-cv-2561) の訴訟および反訴について、示談による和解に達したことを発表しました。和解条件は非公開となっています。

QuadTechは、mRC製品とIDS製品に関するQ. I. Press Controls (QIPC) との訴訟は継続します。QuadTechでは、mRCシステムがマークレス見当合わせモードで使用される場合に‘577特許を侵害しているか、さもなくばマークレス見当合わせシステムを主張することでQIPCが市場を誤り導いている、という立場をとっています。 QuadTechは現在、後者の点を重視することにしています。

QuadTech社長Karl Fritchenのコメント: 「この訴訟で当社は、QIPCがマークレス見当合わせ制御システムを世界で1台も売っていないことを知りました。その結果、裁判を迅速化するために、当社ではmRC製品の特許侵害の申立てを追求しないこと、ただし不当広告の申立てについては引き続き主張していくつもりであることを裁判所に伝えました。これはQIPCが、実際にマークレス見当合わせ制御システムを市販した実績を示すことができず、また示す意思も見せていないからです。当社ではQIPCが市場を欺き続けることを防ぎたいと考えます。」

QuadTechはまた、QIPCのカラーコントロール製品であるIntelligent Density Control system (IDS) に対して、別の係争中特許侵害訴訟も抱えています。 この特許は、関心領域にカメラを配置することと、印刷機のプロファイルを生成する方法に関するものです。QuadTechでは引き続き、QIPCと同社のIDS製品に対する侵害申立てを追求していきます。

ボールドウィン(旧クォード・テック)について

ボールドウィン・ビジョンシステムズ事業部は、最先端の色管理と品質検査技術を提供するイノベーターです。 ボールドウィンは100ケ国以上のパッケージング、加工関係、新聞・商業オフセット、そして出版グラビア業界のお客様に自動制御システムを販売しています。 世界中に販売とサービスのネットワークを持ち、世界的な製造・エンジニアリングコンサルティング会社Barry-Wehmiller傘下の投資会社BW Forsyth Partnersが保有している非公開会社です。

コンタクト先:

Craig Du Mez, QuadTech
電話: +1 414 566 7500
Eメール: craig.dumez@quadtechworld.com

Clare Porter, Bespoke
電話: +44 (0) 1737 215200
Eメール: quadtech@bespoke.co.uk

トップへ