Cerutti Group、同社のCAPS印刷準備業務に、QuadTechの見当合わせ制御テクノロジーを導入

QuadTechのAutotron™ 2600 (ClearLogic™付き) が、Ceruttiロトグラビアパッケージ印刷・紙材加工印刷の標準に

米国ウィスコンシン州サセックス - 2012年7月12日 — Cerutti Group (イタリア・ベルチェッリ) の子会社であるCerutti Packaging and Equipment (CPE) は、同社のパッケージング用グラビア印刷の標準機能として、QuadTechのAutotron 2600見当合わせガイダンスシステム (ClearLogic付き) を認定しました。 この認定は、QuadTech Autotron見当合わせシステムをCerutti社の印刷制御にタイトに統合した共同開発に続くものです。 このシステムは、シリンダ位置のプリセット機能を強化し、印刷稼働が開始して数秒後に見当合わせをロックすることを可能にします。 印刷機は、印刷稼働全体にわたってタイトな許容誤差を維持することができます。 QuadTechのAutotron見当合わせシステムは、起動時の無駄を最小限に抑えることにより、短サイクルの印刷環境でもCeruttiの印刷機の利益率を維持します。


AutotronのClearLogic™ インタフェースは、
少ないタッチストロークで済むユーザーフレンドリー
な画面を特徴とし、オペレーターにとってセットアップ
が容易で簡単です。

Autotronシステムはインク、速度、紙質を問わず、完全なコントロールを達成し、不透明、透明、反射性基材 (例えばBOPPや金属蒸着フィルム、高光沢キャストコート紙など) を測定することが可能です。 このシステムはCerutti自動プリセットシステム (CAPS) とシームレスに作動し、一体化したフレキシブルかつコスト効率の高いツールとして、新規ジョブでも再実行ジョブでも、印刷の初期段階で、起動時の無駄を最小限に抑えます。

革新技術マネージャーCPEのRiccardo Montagnini氏のコメント: 「パッケージングおよび紙材加工のロトグラビア印刷分野のリーダーとして、当社では、印刷機システムの効率を最高の水準に維持していく必要があります。 印刷のスピードアップをはかり、ジョブ変更時間を短縮するよう、自動化に投資を行うことによって、市場に対応していくことが必須です。 QuadTechのAutotron見当合わせコントロールシステムは、迅速かつ信頼性の高い製造に必要なものを、まさに提供しています。 パッケージング印刷ではランの短縮化が標準になってきており、ダウンタイムと廃棄率は最小限に抑えなければなりません。 このシステムは、起動時間を最適化し、エラーを確実に排除します。」


Ceruttiパッケージンググラビア印刷では、
QuadTechのAutotron 2600™ 見当合
わせスキャンヘッドを使用して、すべてのシ
リンダーの位相とシーケンスの見当合わせ
を支援します。

Ceruttiパッケージンググラビア印刷では、QuadTechのAutotron 2600™ 見当合わせスキャンヘッドを使用して、すべてのシリンダーの位相とシーケンスの見当合わせを支援します。 このプロセスではプログラム可能なスキャンヘッドとプリセット機能を活用することにより、保存されたジョブパラメータにアクセスし、基材を問わず調整が容易になります。 印刷機を止める必要なく、紙、フィルム、またはホイルモードに容易に切り替えることができます。 スキャンヘッドが、人の眼では認識できないような見当合わせエラーを認識して、接合イーサネットインタフェースを介して修正を送信し、これによって、印刷準備と品質において、オペレーターがより大きなコントロールを行うことができます。

QuadTechのパッケージング担当ゼネラルマネージャーRandy Freemanのコメント: 「このプロジェクトの協力成果を、非常に喜ばしく思っています。 共同開発のインタフェースを介して、情報をプリセットし、保存し、共有することができるようになったため、現在のジョブが稼働中に次のジョブをセットアップでき、稼働中に正確な見当合わせに修正することができます。 これにより、時間のかかる手作業介入や廃棄がなくなります。」

QuadTechは、Ceruttiにより認定された見当合わせコントロールシステムのサプライヤーとなったため、この印刷制御は、高品質の金属・プラスチックパッケージング製品のトップメーカーであるシンガポールのContainers Printing Pte Ltdや、布地の印刷・染色・仕上げを専門とする中国のShanxi Yongji Printing and Dyeing Co.,Ltd.のCerutti印刷機にも設置されます。

Cerutti社について

Officine Meccaniche Giovanni Cerutti SpAはGiovanni Ceruttiによって1920年に設立され、グラビアパッケージ印刷の世界的リーダーに成長しています。 パッケージング及び特殊印刷用のロトグラビア印刷機を供給しており、たとえば木目、転写紙、その他ユニークな用途、およびフレキシブルパッケージングの印刷モデルや、ソフト板紙加工装置などに対応しています。www.cerutti.it

ボールドウィン(旧クォード・テック)について

ボールドウィン・ビジョンシステムズ事業部は、最先端の色管理と品質検査技術を提供するイノベーターです。 ボールドウィンは100ケ国以上のパッケージング、加工関係、新聞・商業オフセット、そして出版グラビア業界のお客様に自動制御システムを販売しています。 世界中に販売とサービスのネットワークを持ち、世界的な製造・エンジニアリングコンサルティング会社Barry-Wehmiller傘下の投資会社BW Forsyth Partnersが保有している非公開会社です。

コンタクト先:

Craig Du Mez, QuadTech
電話: +1 414 566 7500
Eメール: craig.dumez@quadtechworld.com

Clare Porter, Bespoke
電話: +44 (0) 1737 215200
Eメール: quadtech@bespoke.co.uk

トップへ