Herold Druckが、QuadTechのAccuCam™ 画像ベースカラーコントロールテクノロジーを設置するドイツ語新聞初の印刷会社に

大手新聞印刷会社、QuadTechの画期的な一体型スペクトルカラーコントロール+ウェブ検査テクノロジーの設置契約を締結。

米国ウィスコンシン州サセックス - 2011年10月4日 - オーストリアの新聞印刷会社Herold Druck und Verlag AGでは、ウィーンの印刷工場にあるmanroland印刷機2台に、QuadTechのカラーコントロール & ウェブ検査システム (AccuCam™付き) を設置することにより、高品質のコントロールシステムを強化します。このテクノロジーは今年10月に稼働を開始する見込みで、1800mm幅Colorman XXL印刷機タワー2基、1200mm幅Colorman 4-2印刷機タワー3基に設置されます。

QuadTech® Color Control and Web Inspection System with AccuCam™
QuadTech® カラーコントロール &
ウェブ検査システム (AccuCam™付き) は、
スペクトルカラーコントロールと共に、
同じセンサーでスカム汚れのインライン検出とプレ
ート検証を提供。

QuadTechの商用・新聞印刷市場ゼネラルマネージャーのVince Balistrieriのコメント:「Herold Druckとの素晴らしい関係が始まり、たいへん嬉しく思っています。稼働効率を改善しつつ、常に品質とスピードを改善していこうとする同社の意向は、当社のAccuCamテクノロジーで達成される成果に完璧にマッチするものです。Herold Druck社は間違いなく、業界の牽引役となるでしょう。」

AccuCamは、カラーコントロールとウェブ検査を組み合わせ、同じセンサーですべてできるようになりました。L*a*b* 画像ベースカラーコントロールを行う特許技術のスペクトルセンサーにより、カラーバーやグレーバーの必要がなくなりました。閉ループシステムであるAccuCamは、画像全体を分析し、高解像度プリプレスファイルから標的点の目標値を自動的に取得し、インクキーを自動的に調節することにより、正確な色を維持します。このシステムはまた、自動的にインクラチェットを制御・最適化し、優れたインク供給パフォーマンスを実現。より良いカラー印刷を生み出し、廃棄率を削減し、オペレーターの介入を最小限に抑えます。すべての表面が検査され、スカミングやブランケットスマッシュ、不正確なプレート、色の変動などの一般的な印刷エラーが検出されます。

このカラーコントロールシステム (AccuCam付き) は、Data Central® パフォーマンス報告モジュールならびに各種コントロールの動作を合理化する中央管理プラットフォームであるICON™を介して、印刷機にリンクされます。この Data Central® パフォーマンス報告モジュール は、数多くの品質・生産性パラメータを監視し、確認し、文書化する保管システムです。これにより印刷パフォーマンスのリアルタイム分析と履歴分析が容易にでき、割り戻しとやり直しを最小限に抑えます。コストのかかる問題になる前に、ムラを検出して修正対処を行うことができます。

Data Central® Reporting
QuadTech® Data Central®
報告モジュールはデータの受け取り・管理・保存・
表示を行うアプリケーションで、
これを用いて印刷やプロセスのパフォーマンスを監視・
改善するための報告書を作成することができます。

Herold DruckがAccuCamの設置を決めたのは、オーストリアの別の新聞会社Vorarlberger Medienhausの勧めに従ったものでした。同社は、シュヴァルツァハにあるウェブオフセット印刷機に見当ガイダンスシステム (MultiCam® 付き) をスムーズに統合したQuadTech担当者の専門知識の高さを賞賛していました。

Herold Druckは1893年の創業以来、独立系の印刷会社として、ヒートセットとコールドセットの平板印刷を用い、オーストリア市場の日刊・週刊新聞や折り込みチラシ、準商業メディアの印刷を行っています。同社が印刷する有名紙としては、Wiener ZeitungHeuteDie Presse が挙げられます。

このカラーコントロール & ウェブ検査システム (AccuCam付き) は、Newsprintersのノーズリー印刷工場での試行に成功を収めた後、発売されました。またこのシステムは産経新聞 (日本・大阪) にも設置され、現在、厳しいNSACカラー基準を満たすまでになっています。

 

ボールドウィン(旧クォード・テック)について

ボールドウィン・ビジョンシステムズ事業部は、最先端の色管理と品質検査技術を提供するイノベーターです。 ボールドウィンは100ケ国以上のパッケージング、加工関係、新聞・商業オフセット、そして出版グラビア業界のお客様に自動制御システムを販売しています。 世界中に販売とサービスのネットワークを持ち、世界的な製造・エンジニアリングコンサルティング会社Barry-Wehmiller傘下の投資会社BW Forsyth Partnersが保有している非公開会社です。

コンタクト先:

Craig Du Mez, QuadTech
電話: +1 414 566 7500
Eメール: craig.dumez@quadtechworld.com

Clare Porter, Bespoke
電話: +44 (0) 1737 215200
Eメール: quadtech@bespoke.co.uk