Positive Packaging、自動見当制御を武器に中東地域フレキシブルパッケージ市場を拡大

Positive Packaging United (ドバイ) では、新しいCeruttiグラビア印刷機にQuadTechのAutotron 2600™ (Clear Logic™ 見当ガイダンスシステム付き) を選び、無駄を削減して製造ダウンタイムを短縮。

米国ウィスコンシン州サセックス - 2011年8月16日 - 中東地域におけるフレキシブルパッケージングのトップサプライヤーの1つであるPositive Packaging United (本社ドバイ) では、高品質かつ無欠陥の原材料供給を確保するため、新しいCeruttiグラビア印刷機に取り付けるのにQuadTech's Autotron 2600 (Clear Logic見当ガイダンスシステム付き) を指定しました。

Mr. Pranesh Kankanwadi, Managing Director of Positive Packaging United
Positive Packaging Unitedのマネージングディレクター、
Pranesh Kankanwadi氏

Positive Packaging Unitedでは中東地域における高品質のフレキシブルパッケージングの需要増大に対応するため、最新型印刷機を追加して製造能力を強化しています。

Positive Packaging Unitedのマネージングディレクター、Pranesh Kankanwadi氏のコメント:「地域の消費者製品顧客に求められている、常に高い品質水準を確保するためには、自動印刷制御を含めるのは必須であると考えています。消費者製品のブランドが成功するためには、インパクトのある特徴的なパッケージが必要だからです。」

Enpee Groupに属するPositive Packagingはムンバイに本社を置き、大手フレキシブルパッケージングサプライヤーのひとつとなっています。製造工場をインド、ナイジェリア、アラブ首長国連邦に擁し、月々の生産高は4000トン (約8.8 lb) に及びます。 Positive Packaging Unitedドバイ工場は、HenkelやMars、Nestle、Unileverなどの大手グローバルブランドをはじめ、数多くのニッチブランドに供給を行っています。

Positive Packaging Unitedは、あらゆるグラビア印刷機で正確な見当制御を提供できることから、QuadTechのAutotron™ 2600 (ClearLogic™ 付き) を選びました。 コンパクトな専用のソリッドステートMiniCam™ スキャンヘッドは、性能の低下なしに、糊やワニス、インク、透明表面などの淡い低コントラストを含む幅広い見当マークを検出できます。


QuadTech MiniCamにより、
糊やワニス、コールドシール、
UVインクなどの低コントラスト見当マ
ークを迅速に検出できます。

35mmフィルムケースサイズのMiniCamは、印刷機のニップ部のごく近くに配置できる小ささです。

Autotron 2600 (ClearLogic付き) により、Positive Packaging Unitedチームは、トラップや繰り返し長さ・パターンの一貫性に対する正確な制御が必須であるような、複雑な設計需要の増大にも対応できるようになりました。. 上質の表面仕上げ、多色対応、リバース印刷、より微細なデザインは、印刷ジョブの標準要件です。

ユーザーインタフェースのClearLogicは、ユーザーフレンドリーな画面を特徴としており、タッチ数も少なくて済み、セットアッププロセスに関係する複雑さの大半を排除します。 システム付属のパッケージング固有ソフトウェアは、幅広い材料およびダイカットプロセスに対応しています。 BOPP、金属化フィルム、高光沢鋳造ポリプロピレンフィルムなど、さまざまな不透明/透明/反射性基材を加工するPositive Packagingのような企業にとって、これは大きなメリットとなります。

このシステムは、異なる基材タイプや厚さに変更した場合であっても、迅速セットアップがわずか数分間で可能です。 扱うジョブの約半分が25,000~30,000リニアメートルであり、生産性がダウンタイムを最小限に抑えることにかかっているPositive Packagingのような環境には、この単純さは理想的です。

Autotronの見当認識システムにより、印刷準備段階中に、低コントラストの見当マークであってもロックできるため、印刷準備段階での無駄が削減できます。 印刷機を止める必要なしに、確実な見当マーク特定と新たな製品基材への迅速な移行が可能になります。 このようにして、印刷準備段階の無駄が、ロール紙数百メートルに抑えられます。

Autotron 2600システムへの投資判断の最大要素となったのは、Positive Packagingが長年にわたってQuadTechと親密な関係を築いてきたことでした。

Pranesh Kankanwadi氏の説明:「QuadTechのテクニカルサポートメンバーによるトレーニングセッションのおかげで、当社のオペレーターたちはこのシステムを最初からフル活用することができています。またオンラインのリモート診断が受けられるので、問題が発生するのを防ぐこともできます。」

Positive Packagingについて

Positive Packagingはインド、ナイジェリア、アラブ首長国連邦にさまざまな事業を展開する国際複合企業Enpee Groupの一員です。

ナイジェリアでの同グループ製造事業には、フレキシブル & 金属パッケージング、印刷インク、接着剤、建設用化学薬品、セメントが挙げられます。 インドおよびアラブ首長国連邦では、フレキシブルパッケージングと関連事業を重点的に行っています。 同社は、高品質のバリヤグレードの印刷 & ラミネートフレキシブルパッケージング材料を提供する「ワンストップ供給源」です。

同社のオフィスはインドの主要都市、アクラ (ガーナ)、カイロ (エジプト)、ダーバン & ヨハネスバーグ (南アフリカ)、ロンドン (英国)、ナイロビ (ケニア) に拠点を置き、他のさまざまな国に代理店を展開しています。

Packaging Unitedについての詳細は下記にお問い合わせください:

Positive Packaging United (M.E) FZCO
P.O. Box 17032, Jebel Ali Free Zone, Dubai (U.A.E)
Tel: + 971 4 881 5111
Fax: + 971 4 881 5572
Email: positive@positivedubai.com
ウェブサイト: www.positivedubai.com

ボールドウィン(旧クォード・テック)について

ボールドウィン・ビジョンシステムズ事業部は、最先端の色管理と品質検査技術を提供するイノベーターです。 ボールドウィンは100ケ国以上のパッケージング、加工関係、新聞・商業オフセット、そして出版グラビア業界のお客様に自動制御システムを販売しています。 世界中に販売とサービスのネットワークを持ち、世界的な製造・エンジニアリングコンサルティング会社Barry-Wehmiller傘下の投資会社BW Forsyth Partnersが保有している非公開会社です。

コンタクト先:

Craig Du Mez, QuadTech
電話: +1 414 566 7500
Eメール: craig.dumez@quadtechworld.com

Clare Porter, Bespoke
電話: +44 (0) 1737 215200
Eメール: quadtech@bespoke.co.uk