Q.I. Press Controls、米国連邦裁判所で更に別の特許侵害訴訟へ

ドイツとペンシルバニア州での侵害訴訟に続き、カリフォルニア州でもQ.I. Press ControlsのIDSシステムが訴訟対象に。

米国ウィスコンシン州サセックス--2010年5月25日--QuadTechは昨日、Q.I. Press Controls (QIPC) に対し、QuadTechが有する画像装置位置制御の米国特許に関する権利侵害があったとして、米国地方裁判所 (カリフォルニア州北部地区) に訴えを起こしました。この訴えは、QIPCのIntelligent Density System (IDS) が米国特許第5,412,577号を侵害しているというものです。QIPC社を設立した企業所有者はQuadTechの元社員です。

カリフォルニアでの訴訟は、QIPCに対する同様のものとして3件目となります。2008年6月には、ドイツ・デュッセルドルフの裁判所により、QIPCのドイツにおける類似特許の侵害が停止されました。同裁判所はQuadTechの申立てを支持し、QIPCがドイツにおいて同社のmRCシステム (QIPCによりマークレス見当合わせ制御システムと称されるもの) のマーケティング又は販売を行うことを禁止しました。2009年6月、QuadTechは、米国地方裁判所 (ペンシルバニア州東部地区) に対し、QIPCのmRCが、マークモード及びマークレスモードで販売されているもの両方とも、米国特許第5,412,577号を侵害しているものとして、訴えを起こしました。このペンシルバニアでの裁判はまだ決着していません。

QuadTech社長Karl Fritchenのコメント:「我々は広範な世界的特許ポートフォリオを有しています。QuadTechでは多大な時間と資金をつぎ込んで、業界をリードする技術を開発してきました。これからも引き続き、当社の特許が侵害されるような場合には、いつでもどこでも当社の知的財産権をしっかりと保護するよう努めて参ります。」

ボールドウィン(旧クォード・テック)について

ボールドウィン・ビジョンシステムズ事業部は、最先端の色管理と品質検査技術を提供するイノベーターです。 ボールドウィンは100ケ国以上のパッケージング、加工関係、新聞・商業オフセット、そして出版グラビア業界のお客様に自動制御システムを販売しています。 世界中に販売とサービスのネットワークを持ち、世界的な製造・エンジニアリングコンサルティング会社Barry-Wehmiller傘下の投資会社BW Forsyth Partnersが保有している非公開会社です。

コンタクト先:

Craig Du Mez, QuadTech
電話: +1 414 566 7500
Eメール: craig.dumez@quadtechworld.com

Clare Porter, Bespoke
電話: +44 (0) 1737 215200
Eメール: quadtech@bespoke.co.uk