QuadTech、IPEX 2010でパフォーマンス強化ソリューションを発表

米国ウィスコンシン州サセックス - 2010年4月6日 – IPEX 2010でのQuadTechブース (06-C520) では、「moving you forward」をテーマに、グラビア、フレクソ、オフセット印刷製品の品質・コスト・即時性を強化することにより、ウェブ印刷のパフォーマンスを高める幅広いソリューションを展示します。

QuadTech社長 Karl Fritchen のコメント:「当社では、30年の歴史にわたって、お客様がより強い競争力を得ることができるよう、ブレークスルー技術を絶えず設計、構築、投資してきました。現在の経済環境においては、印刷業者はますます、マージンを拡大し廃棄率を低減する必要に迫られています。当社では、このニーズに対応するため製品開発を加速し、当社のお客様がそれぞれの計画を達成して前進するためのパワーを提供しています。

QuadTechの現行の製品ラインは、見当合わせ・リボン制御、カラー制御、ウェブ検査、印刷データ管理の範囲をカバーしています。これらの機能は、戦略的業務部門の専任チームによって、個別の用途向けにカスタマイズされます。「当社のSBU(戦略的業務部門)はお客様及び他のサプライヤーと「手に手を取って」協力し合い、パフォーマンス、サービス、トレーニングにおいて常にご期待に応え、あるいは上回っています。実際、IPEXではユニークなパフォーマンス実証済み保証のスタートをご覧いただけます。これは、可能な限り最高の結果をお届けすることを、数量化してお約束するものです。」

IPEXで取り上げられる主な製品群:

商用ウェブオフセット

カラーコントロールシステム (Instrument Flight® および SpectralCam™ 付き) は、QuadTechの豊富なカラー制御システム製品ラインの中で最新のものです。最新の96ページ印刷を含むあらゆるウェブ幅用に設計されており、分光センサーを用いて、高速で動くウェブの連続カラーバーから、カラーメトリックと密度データを収集します。

このシステムの最新バージョンは、カラーバーの各パッチにおける複数ポイントから、31チャンネルの正確な分光カラーデータを取得します。このデータはL*a*b*および密度測定値に変換され、System Brunnerの強化された装置Flight + L*a*b*によって分析され、カラー制御およびグレーバランスにおいて最高レベルの精度を実現します。この強化システムは全体に、試験刷りと印刷製品とのより良い一致を提供します。より重要なのは、自己学習アルゴリズムによりこの一致があらゆる速度において稼働全体で維持されるため、稼働条件に変化が生じた場合にも自動的に補償されるということです。

もう1つの新機能であるカラーメトリックレポーティングは、プリプレスから印刷出力までの製造全体にわたってカラー管理を行うツールを印刷業者に提供するものです。このシステムによって提供される正確さと一貫性により、試験フォーム (例えばドイツbvdmによって開発されたものなど) を非常に精密に印刷することができるため、このカラー制御データを使用して、色に関するあらゆるプロセスの設定と較正が可能になります。データは、プリプレスへの直接入力用の業界標準形式で出力されます。

QuadTechのMultiCam® は、商用ウェブおよび新聞印刷業者向けに、長年にわたり、正確なカラー対カラー見当合わせ、カットオフ見当合わせ、リボン見当合わせを提供しています。システムの機能には、スリッター見当制御用のインクガイドがあります。IPEXでは、ウェブ全体の画像偏向用のコッキング制御と、ウェブ拡大の影響を最小限に抑えるためのファンアウト制御を備えた強化バージョンが登場します。

QuadTechの新聞・商用SBUを担当するVince Balistrieriのコメント:「MultiCamは、当社のICON™ プラットフォームに統合される数多くのQuadTech製品のひとつです。システム間の相互作用を活用して、印刷業者が、廃棄率が低く、より良い印刷物を製造できるよう支援する中で、当社はさらに付加価値をもたらし、進化する市場トレンドに対応できる機能を追加し続けています。例えば、「ファンアウト」は、ウェブが幅広になるにあたって、印刷業者にとって大きな課題になってきています。当社のソリューションにより見当のずれが最小化され、ウェブ全体において良質の印刷物が得られます。」

パッケージング

QuadTechは、2008年にVigitekを買収することにより、パッケージング印刷業者にも対応できるようになり、サポートの範囲を拡大しました。以来、これらの製品はQuadTechに安定的に組み込まれ、機能、信頼性、サービスインフラの面において強化されました。

現在、製品ラインは、フレキシブルパッケージング、段ボールパッケージング、折り畳みカートン、タグ & ラベルなどを含むさまざまな分野のフルレンジの要件をカバーしています。テクノロジーとして3台のCCD RGBラインスキャンカメラを使用し、「ゴールデンテンプレート」に対して各印刷反復を比較しています。これにより、印刷専門家から見ても可能な限り完璧に近い印刷物が得られます。このシステムは傷など物理的な汚染を含め、ストリークや屑、見当ずれ、文字や画像の欠け、その他数多くの欠陥を検出することができます。

用途に応じて別々の組み合わせで使用される4つの要素により、究極のインライン機能が得られます:

PDF照合プリプレスファイルを、検査済みの「ゴールデンテンプレート」と比較します

真の100%検査:印刷中、ラミネート中、リワインド中にインラインにある全基材を検査

Data Central® (検査用) データベース:検査および欠陥フィルタリングのための欠陥・イベント記録

廃棄管理システム:保存さたフィルタ済み欠陥データを使用した自動廃棄除去により、リワインダを制御

更に、シート供給パッケージング印刷用に適したオフライン検査システムもあります。

パッケージング担当副社長兼ゼネラルマネージャーRandy Freemanのコメント「検査により、パッケージングやラベル印刷稼働から生じたすべての製品が、必要な品質基準を確実に満たすようになっています。けれども、当社の製品を統合することにより、真に100%の完璧さが実現できます。当社では、このたび、パッケージング検査ポートフォリオに、ウェブビューイングおよびカラー制御オプションを追加しました。これらの製品により、印刷業者は印刷能力に対する自信を強化し、高速印刷であっても高い品質保証が達成されています。

検査システム (SpectralCam付き) は新しい検査オプションです。QuadTechの商用カラー制御に使用されているのと同じ31チャンネル分光センサーを使用し、作業内で最高12ヶ所のターゲットを測定することができます。また、装置内に第二のビデオカメラがあり、カラーターゲットを見つけ出し追跡するのに使用されます。

12ヶ所のターゲットは、検査システムの「ゴールデンテンプレート」を使用して、オペレーターが選択します。SpectralCamは全ターゲットを特定し、捕捉し、カラーデータを分析し、高度なグラフィック形式で完全一致からの偏差を表示します。こうして、欠陥や不正確なカラー一致に関する情報を含んだ総合データが得られ、廃棄除去、詳細分析、価格変化、法規制準拠などに使用することができます。

新しいQuadTechウェブビューイングシステムはあらゆるパッケージング用途に適しており、高解像度でウェブ部分の「フリーズフレーム」画像を提供します。100%検査と共に使用すると、検査システムがウェブを連続的にスキャンしている間、機械的ズームによって、繰り返される欠陥をより高い解像度で表示することができます。

新聞

より良いカラー制御を伴う新聞印刷のトレンドは、多様化へのニーズによってさらに強まっています。準商用製品や、広告主を引き付けるために最適化したハイブリッドのヒートセット / コールドセット新聞・出版物 (ライフスタイル付録など) は、すでにありふれたものになっています。

必要な品質および精度を達成するためのお手伝いとして、QuadTechではニュースペーパーカラーコントロールシステム (AccuCam™ 付き を開発しました。これはインラインの画像ベースによるカラー制御であり、プリプレスファイルから得られたターゲットポイントと、画像の値とを比較することにより、画像全体にわたる制御を最適化するものです。

見当およびリボンガイダンスの制御を確立するため、ICONプラットフォームを介してリンクすることにより、QuadTechニュースペーパーパッケージ全体として、新聞および準商用用途の両方において、付加価値が増大し、廃棄率が減少し、労力が削減されます。

パフォーマンス実証済み保証

広範な製品群を補足し、QuadTech独自のテクノロジーに対する自信を世に示すため、QuadTechではIPEXで「パフォーマンス実証済み保証」を発表します。このイニシアチブは、QuadTechのテクノロジーに対する投資の結果、パフォーマンス向上のレベルの保証をお客様に提供するものです。

発注が行われると、QuadTechスペシャリストたちがお客様と相談し、装置インストール後に期待されるパフォーマンス向上のレベルについて合意を行います。以降、QuadTechソリューションによって生成されたレポートを利用して、パフォーマンスが追跡されます。指定された期間が経って、合意された向上レベルが達成されなかった場合、装置コストを全額返金致します。

QuadTech社長Karl Fritchenのコメント:「私たちの仕事はすべて、お客様の印刷品質およびコストを最先端に維持することに重点をおいています。このイニシアチブの開始は、あらゆる印刷制御条件において、お客様にトータルな満足をお届けできるという当社の自信を表わすものです。」

QuadTech, Inc. について

QuadTech, Inc. は性能実証済み印刷制御テクノロジーの世界的リーダーであり、技術的イノベーターです。1979年に設立されたQuadTechは、世界100ヶ国を超えるロール紙オフセット印刷の新聞・商用市場、パッケージング市場、グラビア印刷出版市場において、自動補助制御システムを販売しています。米国ウィスコンシン州サセックスに本社を置き、ヨーロッパ全域に戦略的に施設を展開し、また日本、中国、シンガポール、インド、北米・南米の各地域にわたる世界的な販売・整備サービスネットワークを擁しています。

コンタクト先:

Craig Du Mez, QuadTech
電話: +1 414 566 7500
Eメール: craig.dumez@quadtechworld.com

Nicole O’Donoghue, Bespoke
電話: +44 (0) 1737 215200
Eメール: quadtech@bespoke.co.uk