ペルー最大の新聞社がQuadTechを選択

2009年7月27日(ウィスコンシン州サセックス) – ペルー最大の新聞社であるEl Comercioは、全体的な効率を高め、廃棄率を削減するため、QuadTechのICON™ 統合プラットフォーム設置を決めました。自動印刷制御で世界でも抜きん出たシステム設計・製造企業QuadTechは、ペルーのリマに本拠地を置くこの新聞社の継続的な事業成功に貢献できることを嬉しく思います。

El Comercioの発行部数は毎日12万部で、Manrolandの48ページ用Lithoman印刷機にこの先進テクノロジーを組み込むことにより自動化を実現し、高品質を求める一般顧客のニーズに応えています。QuadTechネットワークベースのICON™ プラットフォームでは、単独の集中型ステーションから自動印刷機制御装置を運転できます。El Comercioが今回設置するシステムには、QuadTechのColor Control System、Register Guidance System with MultiCam®、Ribbon Control System with MultiCam®が含まれます。

El Comercioの工場マネージャーIgnacio Prado氏のコメント:「El ComercioやTrome、Perú.21、Gestión y Deporなどの新聞を発行するEl Comercioグループは、この製品分野で65%の読者市場シェアを有しています。このうち、雑誌や書籍、折り込み広告を上質紙に印刷する当社工場に、新しいManroland 48ページ用Lithomanロール紙印刷機の購入が決定し、当社製品の増大する需要に対応するため、年に2万トンもの用紙を現在の印刷製造量を倍増する目標を立てました。

当社が現在使用している、QuadTech補助装置つきのHeidelberg M600印刷機が非常に良いので、今回の新しい印刷機でも、色およびカットオフ/サイドレイ見当合わせと、インラインインク密度制御に、QuadTech製品を採用することにしました。これは、スピードと生産能力が現在使用している印刷機よりも大きくなるので、この新しいテクノロジーに対応できる優れた補助装置が必要になるからです。」

QuadTech社長Karl Fritchenのコメント:「QuadTechでは、新聞業界の需要と、効率の改善、品質の向上、廃棄率の削減、利益の拡大に対するニーズを理解しています。当社との提携により、El Comercio社は大きな競争力を手に入れることになります。」

QuadTechの革新技術製品に関する詳細は、www.quadtechworld.comをご覧ください。

ボールドウィン(旧クォード・テック)について

ボールドウィン・ビジョンシステムズ事業部は、最先端の色管理と品質検査技術を提供するイノベーターです。 ボールドウィンは100ケ国以上のパッケージング、加工関係、新聞・商業オフセット、そして出版グラビア業界のお客様に自動制御システムを販売しています。 世界中に販売とサービスのネットワークを持ち、世界的な製造・エンジニアリングコンサルティング会社Barry-Wehmiller傘下の投資会社BW Forsyth Partnersが保有している非公開会社です。

コンタクト先:

Craig Du Mez, QuadTech
電話: +1 414 566 7500
Eメール: craig.dumez@quadtechworld.com

Clare Porter, Bespoke
電話: +44 (0) 1737 215200
Eメール: quadtech@bespoke.co.uk