WOCGは東京で最良実施のセミナーを催す

WOCGメンバーのクォードテックとマンローランドはベストプラクティスセミナーを共催 し大きな成功を収めました。

セミナーは日本市場でのWOCGの初めての試みでしたが、全国の印刷メディアグループか ら100人を超える出席者が参加しました。

QuadTech社ビジネス開発担当副社長ランディー・・フリーマン
QuadTech社ビジネス開発担当
副社長ランディー・・フリーマン

QuadTech社ビジネス開発担当副社長ランディー・・フリーマンは次のように述べています、 「このイベントはアジア太平洋地域で印刷産業におけるQuadTech の貢献を強化するもの で,また日本の商業印刷市場は活気に溢れており、特に標準化とベストプラクティスに大き な関心を示しています。ベストプラクティス技術と手法に関する私たちの活動により印刷 会社が収益性と生産性を拡大し競合性を持つのをお手伝いしてします」。

WOCGはオフ輪印刷の特定分野ごとにアドバイスを提供しているQuadTechを含む10社 の業界企業のグループです。 グループはベストプラクティスを広めるするために1998年に設立されました。 目的はオフ輪印刷の最良の専門家によるシンポジウムを組織化することによって業界の生 産性、品質と安全性を改善することでした。 グループは英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ロシア語、中国語で ガイドを出版しています。 ランディー氏は、「私はウェブオフセットチャンピオングループ、ベストプラクティス、ベ ストプラクティスのガイドラインの目的を説明しながらWOCGの概略を紹介し会議をスタ ートしました」と述べました。

メインスピーカーはQuadTech Instrument Flight のパートナー、システムブルナーのダニエ ル・バーグラーでした。彼はWOCGガイド「色合わせの迅速化とその維持」を中心にプレ ゼンテーションを行い、カラーコントラストの理論や色を正確に再現する際の課題、そし て標準化、測定、制御の必要性、さらに校正、製版、印刷時のベストプラクティスを取り 上げました。

またセミナーではディック・マンローランドの輪転部部長の中山元央氏、メディアテクノ ロジーの戦略統轄部長の深井治郎氏、日本マクダーミットの営業マネジャーの倉田康志氏、 メグテックUKの専務コーリン・モーリス氏らの各氏が講演を行いました。

ウェブオフセットチャンピオングループの詳細についてはwww.wocg.infoを参照願います。

本プレスリリースや画像をダウンロードするには次のインターネットアドレスをご利用下

ボールドウィン(旧クォード・テック)について

ボールドウィン・ビジョンシステムズ事業部は、最先端の色管理と品質検査技術を提供するイノベーターです。 ボールドウィンは100ケ国以上のパッケージング、加工関係、新聞・商業オフセット、そして出版グラビア業界のお客様に自動制御システムを販売しています。 世界中に販売とサービスのネットワークを持ち、世界的な製造・エンジニアリングコンサルティング会社Barry-Wehmiller傘下の投資会社BW Forsyth Partnersが保有している非公開会社です。

コンタクト先:

Craig Du Mez, QuadTech
電話: +1 414 566 7500
Eメール: craig.dumez@quadtechworld.com

Clare Porter, Bespoke
電話: +44 (0) 1737 215200
Eメール: quadtech@bespoke.co.uk

トップへ